1. HOME
  2. 会社案内
  3. 社是・企業理念

会社案内

社是・企業理念

社是

日本再生 小医は病を癒し、中医は人を癒し、大医は国を癒す

企業理念

医療の倫理と企業の論理の融合

トップメッセージ

小医は病を癒し、中医は人を癒し、大医は国を癒す
ヘルスケアサービスを通じて社会貢献をしたい。それが私たちの目指す姿です。
幅広い年齢層のさまざまな方により良いサービス、そして的確なソリューションを提供するために、私たちは常にニーズをキャッチする顧客第一主義の視点を持ってまいります。
個に寄り添った誠実なサービスで、一人でも多くの方に健康で豊かな生活を。視野を広く持ち国内に留まることなく、経済を活性化させていく。これらを実現することが、地域社会をつくり、国が抱える社会課題の解決にもつながると確信しています。

デンタルサポート株式会社
代表取締役社長 草深 多計志 (くさふか たけし)

コーポレートメッセージ

食べたいを支えたい ~ For your smile ~
DSヘルスケアグループは訪問歯科診療から始まり、歯科・医科・介護のワンストップサービスの提供を目指して、20年以上皆様と共に歩んでまいりました。
皆様の生活をサポートしていくなかで教えていただのは、口から食べることの大切さです。
食べるということは、楽しみであり、からだを維持するために必要なことであり、
生きることそのものです。
私たちが関わるすべての方の大切な日々を、より良く過ごしていただくために、
心からの愛と誠意を込めた気持ちが「食べたいを支えたい」という言葉になりました。
幸福な笑顔のために、私たちはこれからも皆様と共に歩み続けます。

行動規範

知行合一
物事の本質を掴み、人としての正義を判断基準として行動します。
開拓精神
常に業界の牽引車となるべく、前に進む姿勢を貫きます。
円陣
グループ全体が一つの「円」となり、社会に貢献していきます。
仁愛
どんな状況でも相手を思いやり、優しさを持って接します。

クレド

安全
あらゆる事態を想定し、安全を最優先に行動します
笑顔
相手よりも先にとびきりの笑顔で挨拶をおこないます
思いやり
いつもの業務にひとつ喜ばれる工夫を加えます
マナー
清潔感のある身だしなみ、礼儀正しい立ち居振る舞いを心掛けます
スピード
期日を決め今日できることは今日実行に移します
チャレンジ
「それいいね!」「やってみよう!」が合言葉。積極果敢に取り組みます
チームワーク
自ら進んで情報発信し、互いの個性や能力の多様性を認め助け合います

私たちは組織の枠を超えて協力し合い、一丸となって理念の実現に挑み続けます

SDGsへの取り組み

「食べることは生きること」目の前の大切な人の笑顔のために、私たちができること

DSヘルスケアグループは、コーポレートメッセージに「食べたいを支えたい ~ For your smile ~」を掲げています。歯科・医科・介護のワンストップサービスの提供をとおして患者さま、ご利用者さまとご家族に寄り添い、日本、そして世界の人々が安心して医療サービスを受けていただけるよう邁進しております。
SDGsの達成に向けて積極的に取り組む姿勢が認められ、本社所在地の千葉県が推進する「ちばSDGsパートナー」の第1回登録企業として認定されました。
DSヘルスケアグループは持続可能な開発目標/SDGsに賛同し、実現に向け次のとおり取り組んでいます。

SDGsとは
外務省「JAPAN SDGs Action Platform」   千葉県庁「ちばSDGsパートナー」
SDGsロゴ

3:全ての人に健康と福祉を

3:全ての人に健康と福祉を家族や友人と食事をしながら笑い合う時間は楽しくてかけがえのないもの。食事は生活の中でも大きな楽しみであり口の健康は全身の健康にもつながっています。そのためには、日ごろから口腔ケアを欠かさず行うことは大切です。DSヘルスケアグループでは、歯科医療サービスの提供を軸に誰もが安心して暮らせる社会づくりに貢献するとともに、常に新しい可能性に着目し、その実現に向けて挑戦し続けます。

目の前の一人のために

一人の患者様のために訪問歯科診療を行なったのが、DSヘルスケアグループのスタートです。当時はノウハウも器材も手探りのまま「困っている患者様を助けたい」その想いで患者様のご自宅へ伺いました。

誰一人取り残さない

DSヘルスケアグループの初心とSDGs目指すものは一致しています。今では多くのスタッフが「食べたいを支えたい」を実現するためにそれぞれの仕事に取り組んでおり、その一つひとつの行動が「誰一人取り残さない」SDGsの実現につながると私たちは信じています。

DSヘルスケアグループの事業概要はこちら

4:質の高い教育をみんなに

Dキャリアプラス

4:質の高い教育をみんなに全国に歯科衛生士免許保有者は30万人。ですがその半分は結婚や出産、介護などのライフイベントによって歯科衛生士の仕事に就いていません。Dキャリアプラスでは、新しい働き方の提案やセミナーなどをとおして、歯科衛生士の資格を活かして働きたい方のハードルとなっているさまざまな問題を解決し、「生涯現役!」を目指せるように応援しています。

口腔ケアセミナー

DSヘルスケアグループのノウハウが詰まった、多角的なテーマ・スタイルの情報発信と啓発活動を行っています。ご家族やご利用様へ、正しい口腔ケアを行うために必要な知識や技術などを学んでいただけます。

株式会社ハミエル

ご自身の口腔内リスクを簡単にチェックできる無料ツールを提供しています。予防歯科について学ぶことでセルフケアへの意識が高まり健康経営の実現につながります。

5:ジェンダー平等を実現しよう
8:働きがいも経済成長も

働き方の多様性

働きがいも経済成長もジェンダー平等を実現しよう産前産後休暇、育休明けの職場復帰に加え、時間短縮業務やテレワークを積極的に導入しています。また、男性でも育児休暇を取得できる体制づくりに努め、男女問わずキャリア支援を行い、すべての社員が働きやすい環境づくりを推進しています。

スペシャルオリンピックス日本・千葉への協賛

DSヘルスケアグループでは、クレドに「互いの個性や能力の多様性を認め助け合います」を掲げ、従業員一人ひとりが多様性を認めお互いに助け合うことができる社会の形成に寄与していきたいという思いのもと業務や日常生活を送っております。その一つとして、「スペシャルオリンピックス日本・千葉」を支援しています。

9:産業と技術革新の基盤をつくろう

DSデンタルスタジオ株式会社

9:産業と技術革新の基盤をつくろうDSデンタルスタジオは、千葉市での国家戦略特区プロジェクトにおける実証実験「ドローンによる宅配等の取組み」に初期からメンバーとして参画し、最先端の技術を用いて、すべての人に医療を届けるという目標のもと、計画に協力をしています。
また、歯科技工分野ではIT化を推進し、AIを用いた歯科用CADプログラムの開発(特許取得)をはじめとして、常に新しい技術への取り組みを続けております。

12:つくる責任つかう責任

歯ブラシ回収プロジェクトに参画

つくる責任つかう責任訪問歯科診療の現場では、患者さんの口腔ケアに歯ブラシを用いますが衛生面を考慮して1回で使い捨てる(ディスポーザブル)場合がほとんどで、大量の歯ブラシを廃棄することになります。捨てればごみとなる使用済み歯ブラシをリサイクルするためにライオン株式会社及びテラサイクルジャパン合同会社が提携して実施している「ハブラシ・リサイクルプログラム」に参画しています。

Translate »